真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

ドイツハンブルクのモバイル事情

2017年12月に1週間出張で行ってきました。

日本からは直行便がない場所なのであまり需要は無いかもしれませんがドイツ国内事情としても良いかもと思います。

 

プリペイドSIMについて2017年9月頃の情報で外国人にはSIMカードの販売をしないと

なっていましたが駅中の書店や売店などでMVNO系列2社のSIMカード販売は確認しました。

ただ帰国日のフリータイムに見つけたので2時間程度の滞在時間しか残っていなかったので残念ながら購入は見送りました。

 

ミュンヘン空港とハンブルク空港の目立つ場所にはSIM販売のカウンターはありませんでした。

 

AppleSIMでの現地契約は可能。

ただ開通するまでWifiは繋がないこと。

こちらの方が苦労されたように、Wifiを繋いだ状態で契約に入ると最後のカード情報を入力する画面へリダイレクトされずに契約が失敗します。

しかも、登録が途中で止まっている状態になるのでそこでWifiを切っても直ぐにはやり直しができません。

Wifiを切ってきちんとリダイレクトされるようになるまでには約1日かかります(私の場合は20時間ほど掛かりました、恐らくバッチ処理でリセットされるかと思います)

短期の旅行や出張ではこのロスは大きいので注意です。

 

AppleSIMは複数のキャリア情報を書き込めるので1社(1か国)のみであればSIMフリーiPhoneでも使用可能。

今回私は2か国目になるので書き込まれたキャリア情報が2つになってしまいiPhoneではAppleSIMは使用できませんでした

 

 

ハンブルク駅前にSaturnというヤマダ電機みたいな店舗があるので覗いてみましたが

価格はユーロのレートと税金19%を考慮すると日本より高めです。

news.mynavi.jp

 

一応ありましたが、今更なのとキーボード配列がUSでもなくドイツ語配列なので食指も伸びませんでした。

 

 

打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?(映画感想文)

アニメ版

 

これも機内サービスで視聴

シャフトなんだな。

渡辺明夫のキャラは今風でかわいい。

声優の広瀬すずも全然違和感なかった、演技力もあって若くて可愛いしまだ暫く人気は続きそうだなとか思った。

 

内容は時間を戻れる不思議アイテムの使用回数が不明で酔っぱらった花火師のおっさんが花火と間違えて打ち上げちゃって壊れておしまいというのがなんかもったいないというか、タイムリープの回数が判ってハラハラした時をかける少女の方が良かったかなと思った。

ダンケルク(映画感想文)

降雪で飛ばない飛行機の機内で飛ぶ前に見終わってしまった作品。

戦闘機のコクピットとか空中戦はリアル

でもなんだかわかりにくかったのは時間軸がちょこちょこ入れ替わって主人公が誰なのかころころ変わるからかなと思った。

(感想が短いのは遅延で乗り継ぎミスしたのと、時差のせい)

機動戦士ガンダムサンダーボルトBandit Flower(映画感想文)

トライライトアクシズという別作品と同時上映

 

今回は初日のレイトショーも割と早めに終わってしまうのでチケット購入が間に合わず

2日目の朝一に鑑賞しました。満席状態

 

トワイライトアクシズはオリジナルの富野版でも良くある最後にぴかーっと光ってうやむやになる終わり方だったのでなんか釈然としない。(好意的に解釈すればオリジナルに忠実ともいえる)

あと戦闘シーンの動きも見ていてあまり気持ちよくなかった。

 

サンボルの方は前作の感想は色々な意味でいたたまれなかったけど

今回は両隣は同志であるガノタのオッサン、主人公のダリルは義手・義足になったあとなのでただMSのかっちょいい戦闘シーンを見るだけという感じ。

 

冒頭アバオアクーの最終戦に参加しているようで義手がうまく動かせずにやられそうになる主人公に冒頭でやられるわけ無いと判っていながらも一寸ひやひやしたりした。

 

事前に配信された菊地成孔のサントラをDL購入済みで聞いたときに最後に入っている

坊さんの読経の様な曲が気になっていたのですが、ストーリーとして連邦軍ジオン軍残党に加えて南方戦線とかいう宗教団体が入ってくるかららしい。

 

ラストはその教団のボスがニュータイプ研究所で育てられて捨てられた人なんだよと分かったところで終了なので次もあるんだろうなぁと思ったところで終了

職業としての地下アイドル(読書感想文)

姫乃たま

 

社会学者の宮台真司の推薦文帯付

タイトルは凡庸なうえ、内容を的確に表してはいないが

地下アイドルとそのファン百数十人規模にアンケートをとってそれ以外の人々を「一般人」と称して内閣府などの調査資料と比較する社会学の標準的なテキストだった。

 

個人的には芸能人が我々を指して言う一般人って言い方は、彼らの我々に対する差別意識が見えてしまうのであまり好きじゃない。

芸能人の彼らと我々を分ける上手い表現て他に思いつかないし、まぁ良いや。

こんな辺境のブログに書いても誰にも届かないだろうけどそんな人も居るよってこと。

 

一般人との比較で地下アイドルもそもそも普通の女の子だという事やファンもキモいアイドルオタではなく収入が安定したまともな人が多数であるという事が見える。

特徴的な部分もいくつか出てきて、作者も言及していたが両親に愛されていると思っている割合が一般より高め、虐められた経験も高め、というのは興味深かった。

地下アイドルから見たファンの評価もキモいよりもむしろカッコいいや普通だという意見の方が多数派だったのにも一寸驚いたけど、私の経験上もそういえばそんな感じ。

生身の女性と握手しつつお喋りしないといけないのでコミュニケーションが普通にできる方ばかりでした。

 

私が地下アイドルに通った理由はデジタル全盛以前のフィルムカメラ時代に高い単焦点レンズを買ったのでモデル撮影なら撮影会に行くよりは安上がりだと教えられたからでした。

久保亜沙香さんには毎回フィルムカメラ抱えて2年くらい通いましたかねぇ。

森下純菜さんとパピーラブというコンビを組んで歌うたったりCD出したりしていました。

検索してみたら久保亜沙香さんは舞台女優として頑張っておられるようでなにより。

森下純菜さんも未だ地下アイドルとして頑張っているんですね(42歳かぁ・・・うーむ)

 

枕営業や恋愛話等のキャッチ―なネタが帯に書かれていたのでその辺の内容には期待していたけど肩透かしでした。

 

あと最後の章を「エピローグの様なもの」としてあるのにはこの本に限らず食傷気味。

「~のようなもの」と最初につけたのは誰なのかな?

別にエピローグで間違ってないと思うし、変にひねらなくても「あとがき」で良いじゃんといつも思う。

はあちゅうとかも最終章はエピローグの様なものとか書くよね(偏見)

まぁ良いけど。

 

誰も語らなかったジブリを語ろう(読書感想文)

押井守

 

TVブロスの人気企画を纏めたもの。

アナログテレビ時代は番組表代わりにずっとTVブロスを買っていたのでうっすらと覚えている。

編集長が変わるたびに少しずつ雑誌としてのカラーが変わるのである時からパタッと購読を止めてしまっていた(とはいえ常に他のTV誌よりはずっとアニメ・ゲームのサブカル寄りではある)

 

著者曰くジブリを貶しても文章にならない(文字として残らない=書籍にならない)

理由は貶したところで誰も得をしない、むしろ誉めて持ち上げることで売れるシステムを作り上げてしまった鈴木敏夫マジックが凄いと。

なるほど。

 

宮崎駿の映画は動画としての驚きと感動を見ている人に与えることが目的となっているのでシナリオの整合性やキャラクターの心理線といったドラマ部分は殆どないということも書かれていた。

確かにストーリーを詳細に思い出せる作品って殆どない。

 

ただ貶してばかりではなく誉める時はちゃんとほめるのでバランスはとれてる

私も宮崎駿は食事のシーンと空中戦のシーンを描かせたら世界一だと思うし水の表現も手放しで素晴らしいのは確かだと思う。

 

スタジオジブリの全作品について扱っているので他の作品についても書かれていて

高畑勲はクソインテリwだとか。

 

サラッと読めて楽しかった。

 

AppleWatch Series3(GPS) 使い始めた

通販で連休前に届いたので使い始めた

 

1週間使ってみて感想はバッテリーの持ちが初代に比べて格段に良くなっていて驚いた。

 

初代を使っていたお陰で通知の頻度やアプリ数などのチューニングは

既に出来ているからか電池の持ちがやたらと良くてびっくりする。

 

平日の平均的な利用状況

朝8時に充電台から外して腕に装着

自転車で約30分の通勤中はワークアウトのサイクリングモードを起動

勤務中は1時間に1回ペースのスタンドアップの指示に従う。

MacBookのロック解除にも利用している。

通知頻度は食堂に移動したり会議の為の階段昇降などでアクティビティ達成や雨雲レーダーの通知などがたまにある程度

 

定時(17:30)の段階でバッテリー残は85%以上

帰宅時は疲れていて自転車はのんびり漕ぐしアプリ起動させるのが面倒なことが多いのでワークアウトは起動させない

 

夕飯食べたりTV見たりして23時ころの確認でバッテリー残は70%前後

25時ころに就寝するけどそれでもバッテリー残は60%を切らない。

 

休日の平均的な利用状況

9 時頃起床して充電台から外して装着

スイカアプリを使って電車移動

 

フリーのワークアウトをカスタムしてテニスのワークアウト計測

平均1プレイ30分を6~10セット(いつも日が暮れるまでテニスしてますw)

 

電車移動で帰宅(スイカアプリ)

帰宅した20時ころの確認でバッテリー残は60%程度

 

初代は中古を買ったのでもともとバッテリーがヘタっていたのか

それともSeries3は新品だからなのか判らないけどapple公称値の18時間どころか

20時間は超えそうなイメージ(それでもやっぱり2日は持たないか)

 

スイカはまぁ便利(Android持ってるので本当はそっちの方が便利、nanacoやiDもあるし)

watchでスイカを使ってみる際わかったこととして、ガラス面をガチガチとリーダーに当てる必要があるということ。

これは傷が付きそうで一寸不安になりました。

そこでパちものGショック風のケース+バンドをAmazonで購入して使用するようにしてます。