真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

サイクルスタンド購入

キャノンデールロードバイク(CAAD9なのでかなりビンテージだが)
を雨ざらしにしたくないので室内保管しているんだけど1LDKなので普段は料理しないしキッチン前に安いメンテナンススタンドで立てておいたんだけど、リアルに立てかけて保管するスタンドがあると知ったので購入してみた。

 

サイズ的にもぎりぎり玄関脇の入り口に設置できて(出入りは窮屈になったが)

室内が広くなったような気がしてなかなか良い。

クランクストッパー機能でべダルが逆回転しない機構を利用して完全に立てかける仕組みでリアタイヤは床に接地しているので、通常の横置きでメンテナンススタンドを使っている時よりもリアタイヤにかかる荷重が大きくなっているので負担は大きそう。

 

これなら通常の横置きで吊るす方が良かったかな?とも一瞬思いましたが、それはそれで場所を取るので、玄関先に置けただけで良いと思う事にした。

実際キッチン前が広くなって(昔に戻っただけだが)便利だし。

 

噂は噂 壇蜜日記4(読書感想文)

壇蜜

3を読み終わったので引き続き読んだ。

 

今作で一応終わりだそうでそのことに本人もとてもショックを受けていることが書かれていて愛読者としても続きがもう読めないと思うと少し残念だった。

ただ、金が欲しいから引き続き日記は書いていくとも書かれていたので、分量が貯まったらまたどこかで読めたりするとちょっとうれしい。

 

1の頃から思っていたことに彼女が自転車に乗って移動したりコケてケガをしたりしているそうなのだけれど、自転車に乗っている姿があまりうまく想像できない。

 

さよならの朝に約束の花をかざろう(映画感想文)

恒例の初日レイトショーで見た。

 

スタッフロールみて最初に思ってしまったこと。

音楽がまーた川井憲次かぁ・・・

でした。

ラスト付近の感動を誘う泣きのシーンはワ―っていう女性コーラスバックの彼特有のいつものやつで、かかっている音楽をパトレイバーや彼の手掛けたその他の作品と変えても気づかないんじゃないかな?と思うくらいいつもの調子でした。

きっと仕事が早くて締切厳守なことと価格がそれに見合う設定にされていて業界では重宝されているんだろうなぁといつも思います。脚本家の武上純希さんも同じ理由で重宝されているんだろうなと思っていますが。

(もうお腹いっぱいで飽きている人って私のほかに居ないのだろうか?)

 

内容は母親と息子の愛情が主軸になった話で難しくはなかったし面白かった。

文字ではなく布を織ってコミュニケーションを図る種族(美形で長命)のヒロインが戦災孤児を拾って育てるが成長スピードが違うので手足が伸びきった息子の方にいろんな葛藤が生まれるとか。

息子エリアルの母に抱く感情も違和感がなくて判りやすく、素直に感情移入できたので感想文を書いていて改めて感心してしまっている。

 

血が繋がっていなくてどれだけ彼女が美しくても、自分をここまで守って育ててくれたのは彼女であるのでそれは母であるし、その母を好きという気持ちは「私で本当に良かったの?」という身籠った奥さんが言ってしまった感情とは全然違うし言葉でそれを説明してもなぜか絶対判ってもらえないんだけどまぁそういうもんだよなぁ等と思ってみていた。

現実世界だとこの感情のすれ違いは暫く尾を引きそうだしこれで1本つくれそうなんだけど、本作品では直後に隣国が攻め込んできて結果、国が滅びてしまうのでうやむやになってしまうが、尺時間を考えると詰め込み過ぎになるので次回作に期待w

 

他にも主人公種族の長命を政治利用されて引き裂かれる男女とかも出てくるし色々な愛情の形を表現しようとしていて盛りだくさん。

 

どこかで見たようなループものというかヒロインが長命で出会いと別れを繰り返すってな話は導入部でいきなりわかってしまう事だったので、そんな使い古しのギミックには拘らず、各人の感情にウエイトを置いたシナリオは見事でした。

 

上映後拍手している人が一人だけ居ましたが、アニメ映画だけの文化だよね。

エヴァ以来久しぶりに遭遇したんだけど未だにそんな人居るんですね。

 

 

泣くなら、ひとり壇蜜日記3(読書感想文)

壇蜜

4も出ていたので一緒に購入した。

 

1の時は始めて彼女の裏側が見られたような気がして面白かったのだけれど2を読むころにはネガティブな感情が多すぎて疲れないかな?と心配になったりした(臭いとかそんなに頻繁に言われるのだろうか?)

 

3も引き続き仕事が無ければ寝こけて一日を棒に振ってほんの少し後悔したりしなかったりという日記が綴られていた。巻末に短編小説が書きおろしされていて砕けた文体でラノベっぽく、女性の視点からみた夜のお仕事の淡々とした描写がとてもリアルで殊の外面白かった。

 

更に後ろの手書きのあとがきには「ここまで読んでくれるなんて支靜加のこと好きなんでしょ?」と書かれていた。

 

うん。日記を読んでから結構好きになってきてるw

毎週見ているサンジャポに出ていないと一寸がっかりするんだよね。

(日記によるとサンジャポの後はお昼寝タイムの様ですが)

 

エロイのは他の子で満たされるので普通にTV出てくれるだけで良いんだけどね。(こんな物言いも傷つけてしまうだろうか?)

iPad Pro 10.5購入

学割が利く身分なので学割で買おうと思ってアップルストアへ行ってみた。

事前にWebでキャリア版の機種変もできると知ったので。どちらが得か計算してみた。

 

現在最新iOSが載る9.7インチモデルを2台持っている。

iPad Pro初代を発売した週の週末に表参道で購入したWifi版(ということで来月で丁度2年)

 

去年の正月にヨドバシカメラで購入したiPad Air2セルラー版(ドコモの端末購入サポートで一括0円購入、先月で丁度12か月経過して機種変の違約金も0円になっている)

 

普段の住処と実家にそれぞれ置いてみたりセルラー版を持ち歩いてみたり、電車で移動中に当日の発表資料を作成したりと運用したが、流石に2台は無駄があるかなと思っていた。

 

渋谷のアップルストアは現在閉鎖中なので表参道へ大学の帰りに寄ってみた。

学割は2千円引き+Beatsヘッドフォンかイヤフォンが9800円引き、iPadProの下取りが27000円(2月9日現在)

256GBセルラーモデルで計算(税込み、単位の円は省略)

107784+Beatsヘッドフォンが0でもらえる。

Beatsヘッドフォンが結局もらえるだけという状態

 

ドコモ機種変の場合、学割適用はできない

ドコモショップで端末代110160

アップルストアで端末代109944

月々サポート+GoGoiPad割が24か月間2312なので55512引き

 

iPadProの下取り

ドコモショップでは23000

アップルショップは27000

 

月々サポート込み通信料813*24=19512

 

 24か月の支払い総額

ドコモショップ129672

アップルストア129458

 

214だがほんの少し安いのでアップルストアでドコモ機種変を体験してみる

長丁場なので女性スタッフと会話しようとしてロックオン失敗する(邪な感情が表に出ているのだろうか)

 

機種変の受付を90分後に予約してもらって近くの猿田彦コーヒーでブレイク。

最初は64Gモデルにしようかと思ってたんだけどリセールバリューを考えて256Gに変更。

 

対応してくれたスタッフはダボアプバカルさん

日本語が堪能でこちらの疑問点にもきちんと答えてくれて安心できたしスムーズな処理を行えた。ほかのスタッフと日本語でやり取りしていたしアップルストアのスタッフは基準が厳しそうだなぁと思った。

 

アップルストアでキャリア契約をした場合、SIMロックはかかっているのか?という疑問は3人のスタッフに聞いてみたが、どなたもお茶を濁すというか本当に判らない感じを出しつつ海外でならAppleSIMは使えるはずという回答だったので帰宅してから実験

 

丁度今月MNPしたばかりのAUのVoLTESIMがあるので刺してみたらあっさりAUと表示されたし内蔵のAppleSIMでもキャリア選択画面が出てきた(21時までしか契約できないようで先には進めなかったけど)

 

SIMロック解除も無料でできる時代になっているけど、すぐにSIMロック解除の端末が欲しい場合はやはりアップルストアに行くと良いということが分かった。

 

明日は秋葉原にiPadAir2を売りに行って、ついでにMacbookProもリカバリして売却する準備をしようと思う(SurfaceLaptopも買ったし、Xperiaの機種変もしたし、さらにiPadProもだとお金使いすぎだし端末を整理しようと思います)

 

 

 

キャプテンサンダーボルト(読書感想文)

阿部和重伊坂幸太郎

 

共著というので最近にしては珍しい(知らないだけかも)と思ったのと

現在活躍中の若手作家なのも珍しく感じたので手に取ってみた。

 

文庫だと上下巻、それぞれの巻末に文庫書下ろしの事前と事後の短編エピソードが追加されてます。

 

上巻の後半(つまり全編では中盤あたり)から敵の全貌が判ってきて俄然面白くなってきて下巻は一気読みしてしまいました。

 

山形の地元バッティングセンターでバイトしている30歳くらいの相場時之(義に熱い男で人助けのせいで無駄に借金を背負っている)と平凡な家庭を築いているかと思いきや子供の病気のせいで多額の借金を抱えてその為にグレーな世界に手を染めて副業をしている井ノ原祐の二人がいつの間にか金が必要だというお互い共通の目的(でもそれはお互い言わない)で協力しているうちにお宝だと思って追いかけていた材料が世界同時多発テログループのテロを阻止することになって結果世界を救っちゃうんだけど、そんなことで金は貰えるわけないからどうするんだろう?と思って最後まで読むとちゃんと落ち着いているという素晴らしい読後感でした。

 

帯にあった「俺たち二人で世界を救おうぜ」というセリフは本編では出てこないのだけれど、まぁ面白かった。

 

MNPと機種変

2016年の元旦に購入したXperiaZ4とiPhone6が丁度24か月経って月々サポートがなくなったのでキャリアチェンジと機種変を行った。

 

Z4は発熱が酷い端末だったので1年使った後、予備回線の端末購入サポートで買ったXperia XZにメインSIMを入れて使用中、Z4は今回の機種変で下取りに出す予定で事前にケータイ補償サービスでリファビッシュのZ4にしておいた(角が欠けてしまっていたので外装破損扱いでこのままでは下取り拒否だと言われた)

ネットで言われているようにZ4は無限在庫らしく2年経った今でもZ4はZ4のままだった。。。

 

iPhone6の方もタッチの誤動作が酷くて去年の誕生日時期にiPhone7PlusのRedEditonへアップルストアで交換してしまっていたので手元にはない。(海外出張が増えたのでSIMフリー端末は便利)

 

ネットでよく言われるので機種変に初めてドコモのオンラインショップを使ってみた。

1日に手続きをしたのに端末が届くのに2日かかったので一寸残念。

機種変では3000円を超える月々サポートはもうないので2800円くらいのgalaxyS8を凄く凄く悩んだけれどもAQUOSRにしようかとも一寸だけ考えたけれども、ずっとXperiaを使っているのでXZ Premiumにしてみた(月サポ2208円)

 

老眼気味なのでXZ Premiumは大画面で見やすくて良い。

 

MNPは子回線なので月額サービス等ないし日割り計算できないサービスを考えると1日に機種変した方が良いかと思ってAUを選択(WiMax2+を契約中なのでスマートバリューmine狙い)

AUでもMNP一括購入では54000円引きというキャンペーンがあってgalaxyS8とS8+が対象になっていたけど画面の大きいS8+は3店舗探してみて全滅。

 

仕事帰りにAUの直営だというみなとみらいの店舗に行ってみても無かった。

 契約も19時入店までということでぎりぎり間に合わず、せっかくだからと横浜ヨドバシに行ってみたらそこでは20時過ぎてもまだ契約可能と言われたので探すのが面倒くさくなってきたのでS8を1円で買う事にした。

 

1円になる理由は初月無料のAUのコンテンツ6個登録すること(翌日解約して良い)

AUスマートパスとかビデオパスとか折角だから1か月は利用してみるかと思った。

 

人生初galaxy

以前仕事で一寸触ったことがあったけど変な拘りさえなければAndroidとしてはかなり良い出来の端末なので変な拘りは捨てることにしていろいろとサービスに登録(galaxyクラウドって何??)