真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

そしてボクは外道マンになる

現在単行本で2巻まで出てます。
 
平松伸二の半自伝的作品、昔からあるジャンルですが自分が読んでいた作家の自伝が目に付くようになってきました。等と言いつつ漫画にハマったのは私は二十歳過ぎてからなので平松伸二は全く作品を読んだことが無かったりしますが。。
 
画像ありのレビューはこの辺とか
 
ジャンプ編集部スタッフは変名というか偽名(魔死利戸毒多(ましりと・どくた)等)
まぁDrマシリトくらいはDrスランプで知っていますが・・・
 
大分遅くなってから漫画にハマった程度の薄い知識しかないので初めて知ったこともあり興味深い。
本宮ひろ志武論尊航空自衛隊で同僚だった事は今回初めて知りました。
 
あと、当時ジャンプにあった愛読者賞というのが本当に鬼畜なシステムで漫画家泣かせ。
 

「読者投票で10人の漫画家を選び、毎週1名が読み切りを描き、10週後にアンケート結果で順位を決め上位2名が読者5名(作品の感想文で選ばれる)とヨーロッパ旅行に行けるという・・・漫画家にとっては大変ありがた迷惑な賞である」(原文ママ

 

先のレビューページでDrマシリトの直下、少年ジャンプ第4回愛読者賞発表となっているコマの説明としてそう書かれています。

 

週刊連載と並行してだから確かにありがた迷惑な話しだなぁと。。
幽☆遊☆白書冨樫義博も無理やり2本描かされてそれで嫌気がさしたということを何処かのインタビューで読んだ気がします。
ファンとしてはその週は2本読めて単純に嬉しかったんですけど、まぁ大変だよなぁ。

 

平松伸二ドーベルマン刑事と並行して45pの読み切りを正月休み返上して描き上げて、アンケートでは2位になったのに平松には実績がないという理由で恒例のヨーロッパ旅行がその年は無かったと描かれていました。

 

別にヨーロッパに行きたかったわけじゃないし、むしろ行かないほうがスケジュール的には絶対楽なのはわかっているけどその扱いは何なんだと憤りを感じて悔し涙を流すシーンがその後に続きます。

 
初代担当編集や現在の担当編集者にも気に入らないことがあったりすると怒りを露わにして絶対に許さねぇ~
等と書いてあるのを見るとかなり本気に思えて面白く、見ごたえがあります。
 
2巻はまだドーベルマン刑事連載中なので、彼の黄金期はまだまだこれからというところですよね?
単行本は継続購入しようと思います。

放課後のプレアデス(アニメ感想文)

録りためていたのを一気見した。

 

富士重工業ガイナックスがコラボしたことになってる作品
デザインとして空飛ぶ箒(ドライブシャフト)のデザインが車のノーズをモチーフに
していたり、飛行する音がエンジン音だったりするあたりがきっとコラボ、あと主人公ヒロインの名前がスバル
 
故障した宇宙船のエンジンパーツのかけらを集めてほしいと宇宙人に頼まれて魔法少女になって
回収していくストーリー、もちろんエンジンのかけらを狙う敵役の青年(ミナト君)も出てくる。
 
最後はミナト君が実は宇宙船の本当の持ち主で宇宙人の方が悪いやつだったりするかな?と思ってたら違った。
宇宙人は時間を超越した存在なのでミナト君の少年期に既に出会っていて、魔法を使って一緒にかけらを集めたりしていた。あるとき現実では自分は寝た切り状態だという事に気づいてしまって自分の将来に絶望してそれで魔法が使えなくなって時が経って少女たちに依頼するという流れでした。
 
パーツを集めきった最終回はご褒美として好きな時間軸に戻れる権利を貰ったけどそれぞれみんな今のところに戻るという終わり方。
 
ミナト君は人生をリセットしたいだろうに、スバルが一緒に戻って幸せにしてあげるとか無責任に云って一緒に戻るのはミナト君一寸かわいそうだなぁと思ったりして終わりました。

厭世マニュアル(読書感想文)

・阿川せんり

 

表紙が浅野いにおのイラストだったので手に取ってみた。

帯には森見登美彦の推薦文があったのもなんとなく決め手になった。

 

常にマスクをしていないと落ち着かない20代女子の「くにさきみさと」が主人公

大学を卒業して就職も内定出ていたのを蹴って親戚が店長をやっているレンタルビデオ店でフリーターをしている。

 

マスクをしている理由は周りからいろいろ言われたくないからで、その理由がちょろちょろと出てくるんだけど、そのとらえ方が若者特有という感じで青いなーとか思って読んでた、まぁ確かに中二病発症中だとこんな感じになるよな。

 

主人公の一人称はずっと小学生時代に流行った口裂け女からとった「口裂け」だったが

新年に一念発起して自分にとって面倒くさいと思う周囲の人と関わりを持つようにし始めて結果最後にやっぱり面倒くさくなり自分の気持ちを爆発させて発散させる。その際一人称も「私」になって、面倒くさい人たちとの関係をバッサリ切って一人新天地へ向かう(と言っても全て札幌市内)という話

 

解説は帯を書いた森見登美彦

このデビュー作の賞の選考委員だったそうな、同年代で似たような作風(若者が脳内で物凄い思考を繰り返すとか)なんだな。なるほど。

 

GoogleHome 購入

 開封の儀とかくだらないのは検索で上位にいっぱい出てくるクソブログでも見れば良いよね。

 

Googleには色々金払ってる(G-suiteとかDriveとか)し情報を全部渡している奴隷なので発売日に購入。

 

GoogleStoreで日付が変わった直後に申し込めるかと思っていたらなかなか切り替わらず普通にお店が開く時間になったので店頭で購入。

 

ビックカメラがキャンペーンをやっていてお得っぽいのでビックロで受け取りを指定して引き取ってきた。バックヤードの見える位置には同じパッケージが5個くらいあったので自分以外の好きモノがそれくらいいるという事。

ビックのキャンペーンは2個買うと2万円(1個1万円)、1個買うとChromecastがおまけ若しくはスマート照明のPhilips Hueが2割引きというもの。

 

置く場所に迷ったけどChromecastをただで貰ったのでTVのそばに設置してみた。

Wifiも5Gで繋ぎたかったのにうまく行かないので2Gで我慢。

 

GoogleHomeアプリをインストールしてメインのアカウントはアシスタントが使えないので(G-suiteだから?)サブで使っているGmail素のアカウントを設定してやる。

端末内に保存した購入済み楽曲を再生することは出来なかったのでPlayMusicを契約(GoogleHome購入特典で3か月無料だし)今のところ岡村靖幸の曲ばかり聴いてる。

 

radikoが対応サービスに入っていたと思ったので、ラジコが再生できるかと思ったらできなかった。(今調べたら未だ提供予定だった)

 

ChromecastとTVの電源が入れてあれば接続したTV(ソニーブラビア2012年モデル)の電源オフは出来る。逆に電源オンは出来ないので手動で入れる必要がある。

 

動画を再生してというとChromecastで再生されるがその音声はChromecast側(TVスピーカー)でGoogleHomeのスピーカーでは再生されない

 

英語学習用にHuluを契約しようと思ったが、未対応(音声でコントロールできる動画サイトはYoutubeNetflixのみ)

 

何か他にも気づいたら追記します。

今のところはおもちゃですね。

 

 

 

 

 

 

 

iCloud課金

いつの間にかAppleのデバイスが増えすぎて無料の5GBでは足りなくなってきました

(というメッセージが端末に表示されてウザい)

考えてみたらいつの間にかこんなに持ってた

 

iPhone(7+,5s,4s)

iPad(1st,3rd,Air2,Pro) 利用頻度の高い32bitアプリがあるので古いの捨てられない

MacbookPro(Late 2009,Late2013)

MacbookAir(Early 2015)

iMac(Late 2015)

MacPro(Early 2008)

apple watch sport(38mm)

 

一部ノートとデスクトップは職場で買ってもらった(というか他部署が廃棄したブツを再利用)機材で最新OS非対応なのをPatchを当てて使っているので個人のiCloud環境に接続する必要は本当は無いんだけど、3台だから微々たるものなのかも。

iPhoneの4sと5sもたまに電源を入れて遊んでいるのが良くなかったのかな・・・

 

容量的には写真が一番多い。

 

バックアップは重要なので月額130円を課金して50Gにアップグレードしました。

月に缶コーヒー1本分だと思えばまぁ安い買い物か。

課金タイミングが判らなかったので9月末に容量足りないメッセージが出たけど10月1日になるまで待ってから課金したけど、締め日は契約日から30日後になるみたい。

 

Googleの方はGoogleAppsの無料版に登録してそのまま継続中で一番容量を食う写真のバックアップは容量無制限で無料という事になってしまったので特に困ってない。

 

 

 

デジモンアドベンチャーtri. 第5章「共生」(映画感想文)

初日なのでレイトショーでもほぼ満席

 

最初に今までの粗筋を文章で表示してくれるのでなんとか思い出せる。

デジタルワールドに行ってパートナーデジモンと再会してまた仲良くなったり

メイクーモンが超進化というかハイパー化して現実世界で破壊活動を開始したりしてた

選ばれし子供達もデジモンを持っているのでマスコミや警察に追われるので自宅には帰れなくなり、夏休み中の学校へ避難する。

 

夏休みの学校で泊まり、男女混合というと怪談話。

本気で嫌がるヤマトは一寸可愛い。

 

今シリーズ新キャラの芽心と太一の2ショットを眺めるデジモン達。

パートナーに報告するとかしないとか、フォローに誰がいくかとか(結果アグモンがフォロー役になって揉めるシーンは劇場内で一寸笑いが起こった)

 

まぁそんなところだったんだけど、上映が終わって帰ろうとしたら前の席に座っていたカップルと男性一人が一寸揉めていた。

 

ちらっと聞こえた会話ではカップル女子が上映中にスマホで撮影をしていたのを通報しようとした男性をカップル男子が止めようとしている感じだった。

 

上映前に犯罪ですといういつものアレが流れるのは皆知っているはずだけど、本当ならよくやるよなと思った。

 

流石に間に入ったりして揉めるのも嫌なので、会場を出てゴミ回収をしている劇場スタッフに中で揉めている人がいるので止めて欲しいと伝えたら、自分の後に退場してきた人も同じことを伝えてくれて他にも気にしている人はいる様子だった。

 

好きなアニメを見て気持ちよく帰って寝ようとしてたのにそんな野暮なことするなよなーと思いつつ帰宅して缶チューハイ飲んで寝た

ベトナムハノイ出張(現地モバイル事情、Ubar)

出張でハノイへ行ってきたので2017年9月の状況報告

(1円=200ドンで計算)

 

ベトナムは現金文化なので現金が必須。

ノイバイ国際空港到着ロビーにあるATMで引き出すと10万ドン札で出てくるので一寸まし(100万指定すると10枚出てくる、市内のATMだと50万ドン札が2枚出てきて使いにくい)市内のどんな店であっても5万ドン札が一番使い勝手が良いので時間等に余裕があるならある程度の枚数を崩して用意しておいた方が良い(到着ロビーにはカフェが1店舗ある程度だが)

 

ベトナムは2017年9月現在AppleSIM非対応なのでデータ通信用SIMが必要。

到着ロビーにSIMカウンターはいくつか並んでいたけどMobiPhoneにした

ボラれないタクシーとしてUbarを利用する予定だったのでドライバーとの連絡用に通話可能SIMを選択

1か月有効、国内70分通話、6GBインターネットで30万ドン(1500円)プラン1

1か月、通話25分、4Gで25万ドンという安いプラン2もあったが、店員曰くMobiPhoneにしかかけられないとのことでやめておいた。

 

SIMフリーiPhoneの言語設定を英語にして渡すと店員さんがSIMの設定をしてくれるので受け取ったらUbarアプリに電話番号を登録してUbarを呼べる。

Ubarドライバーは英語が出来ない人しかいないという情報もあったが皆、意思疎通は可能だった。

 

ベトナムでのUbarは高級のBlack、ノーマルのX、2輪車のMotoの3種類があってアプリ内決済ができるのはBlackのみなのでBlack推奨(現金のやり取りが発生しないので楽だし物価のお陰でノーマルとの差額は精々50円程度)

 

Ubarサービスイン直後の情報ではBlackは本当の高級車(ベンツとかBMWとか)が来たらしいがBlackでも普通にカローラだったりするけどまぁ気にしない。

 

MobiPhoneのスピードテストはしていないが4Gで接続されてパケ詰まり等のストレスなく利用できた。出張で滞在期間4日では6Gも使いきれない。

 

Ubarは乗る場所は現在地GPS、降りる場所をアプリのマップでタップして指定するので

乗降場所が判りやすいランドマークであれば特に電話連絡もなく到着して車内で会話する必要もない。(ホテル前で乗車して超有名な観光スポットで降りる等)

 

道路横断の際はクラクションを鳴らされても焦って走ったりせず等速で向かってくるドライバーを見ながらゆっくりと移動すればクラクションを鳴らしながら勝手に避けてくれるのでそのうち慣れる。

 

屋台でもカフェでも一品精々3万ドン程度なので5万ドンでお釣りをもらうのが良い。

10万ドン札以上だと屋台だとお釣りがなくて拒否られるのでなるべく崩して持っておくこと。また彼らは数字を英語で言えないのでメニューのない店や雑貨の価格交渉などは筆談が便利

(メモ帳とペン必携、大きめの電卓でも良いけど)

 

スーパーマーケットは盗難防止で鞄は預けないと入れないので、ミネラル水などを調達する場合はコンビニ(市内にサークルKがある)か、スマホと財布のみで鞄を宿においてからスーバーに行くこと。

 

ホテルによってはNHK BS1BSプレミアムが視聴可能。(中国・韓国ではありえないよね)