読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

Aegis-Nova Tokyo参加

Ingressの公式イベントに参加(Darsana以来2度目)

前回はソロ参加でしたが、今回は漸くサークルメンバーにもプレイヤーがいたので

2名のミニチームとして参加しました(同じ陣営に揃えて始めてもらいました)

 

東京テレポート駅近くの駐車場が参加受付になっていたので、そこで待ち合わせ。

といっても相方は遅刻したし暑いので先に参加登録を済ませて会場内をとりあえず巡回、2次創作のグッズ販売ブースを少し見て300円のネックストラップを記念に購入。

 

メインステージでDJが開始されたころ、遅刻してきた相方から連絡があったので

何とか合流。

 

合流してから陣営のチーム登録ブースに行くとルールの書いた紙とうちわとアイテムカードを貰いました(アイテムパスコードが無効となるんだけど・・・)

 

ゲームに参加するにはスタート位置が3ヶ所あって、私は新宿、相方は東京付近が普段の主戦場なので間を取って浅草付近スタートの一番東のエリアを選択。

ゲーム開始時刻は15時となっていましたが、暑いしすることないのでそそくさと移動。

 

移動中、相方がレベル11になっていることを聞いてあとから始めたプレイヤーにあっさり抜かれていたことに一寸驚きましたが、オープンβの頃からプレイしている私にとって近所のポータルはほぼhack済みでユニークポータルが全くない状態で、うまみを全く感じなかったミッションプレイを殆ど行っていない事が原因の様でした。

 

両国でとりあえずミッションをこなしましょうということで3つほど行いました。

大きな公園(横網公園)に入るとそこかしこに固まったお仲間がいました。

そういえばリアルプレイヤーに遭遇するのも凄い久しぶりだし、女性も沢山いたことに一寸驚きました。

 

スカイツリーの方を目指そうと少し長めの距離をかせぐミッションを始めたところ途中で相方のスキャナーのバッテリーが10%未満に。。。

バイルバッテリーも終わりかけという状況になったので食事休憩&充電のために行きつけのお店に行くためタクシーで秋葉原近辺へ移動しました。

 

食事と充電が終わったころ丁度15時になったので結局秋葉原近辺でゲームスタート。

スキャナーのマップを広げて探してみると、ふわふわ浮いている物体を発見!

最初にもらったルール説明の紙にあったシャードでした。

 

とりあえずそのポータル(公園)に行くとあまり人が居ませんでした。

公園に座ってちまちま攻撃していると自転車に乗った敵陣営の集団が来ました。

今更気づきましたが、L8のレゾネータは一人1個しかインストールできないので8人単位で行動するのが基本の様です。

 

10分経過するとシャードはジャンプしてしまうので、その場からいなくなります。

そうすると自転車部隊はインカムでやり取りをして次の場所を目指して移動してしまいました。

我々もマップを小さくして検索するとなんとか見つかったので新しい場所に向かいました。

 

移動先には先ほどの自転車部隊が居たのでどうやら正解だったようです。

新しい場所でも敵陣営の自転車部隊の方が人数が多かったので我々は劣勢でした(というか負けた)

 

自転車でないと次も大変そうだし、シャードを探すのは諦めて自分のメダルのためにユニークポータルをハックしまくろうという事にしました。

 

その途中敵も味方もいない場所に浮いているシャードを発見したので二人でガードして20分守ってみました。(シャードなのでゴールを目指してジャンプさせないとルール上意味がなかったかもしれない)

マップを見ると恐らくジャンプできないように周りが囲まれてしまっていたので両陣営から見捨てられたシャードなのかと思いました。

 

最後の戦場として新橋付近にタクシーで移動

そこで漸くクラスター戦で守るべき色のついたポータルを発見しました。

ここでの戦いは計測時間ぎりぎりのところで色を反転されてしまったので意味がなかったかもしれない

 

あとはまた見失ってしまったので付近のユニークポータルとミッションをこなすという事をしてゲーム終了の時間を迎えました。

敵自転車部隊にしか遭遇しなかったので状況は終始劣勢かと思ったのですが、途中経過のレポートで確認してみると全体の状況は逆で自軍が善戦していました。

 

アフターパーティは暑い駐車場に行くよりも良いだろうという事で、充電をしたお昼のお店に戻って打ち上げ、打ち上げには少年王3号氏も呼んで大いに盛り上がりました。

 

天候も曇り気味でそんなに暑くなかったし、ルールが解ってからは面白かったし

リアルプレイヤーである相方がいる状態で参加するのも楽しいなぁと思いました。

 

そんな感じ。

本当に文章書くのへたくそになったなぁ・・・