真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

読書感想文

・水鏡推理III パレイドリアフェイス

松岡圭祐

 

前作からまた時間が経過して、主人公の瑞樹以外はまた人事総入れ替え。

文庫も同時発売の書下ろし単行本なので扱ってる題材がとにかく新しいのがリアルっぽくて面白い。

今作はエンブレム偽造問題、地磁気逆転現象問題、人面塚問題と大きくは三つ。

エンブレム問題はなるほどこんな手を使えば素人は騙せそうだなという手口が披露(というか暴露というほうが良いか)されたり、地磁気逆転と人面塚は犯人と思われた人物がどいつもこいつも小物ばかりで、最後の最後にこいつなのかー!!みたいな爽快感はあった。

 

このシリーズは事件の一番の原因となった人物が毎回、本当に凶悪な人物でないあたりも好感もてるというかリアルに感じられて面白いと思う。