読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

鈴木このみBirthDay Live Cheers.

日記 アニメ ゲーム

幕張メッセイベントホール

 

お誘いいただいたので、ありがたく参加してみた。

20歳のバースデーライブとのこと。

声優?なのかアニソン歌手?なのかも知らずに参加しましたが途中のMCでアニソン歌手だと判明。

 

開園30分前に集合して入って、座席を確認した後、物販の列に参加しました。

イベントホールの外周を1/4程ぐるっと行列させられて、並んでいる途中で

開演時間に間に合わないかもしれないからご了承くださいというアナウンスをされる。

そのアナウンスで何人も抜けて行ってしまった。

隣に並んでいた女の子も10分前くらいまで並んでいたのに、悩みに悩んで結果抜けて行ってしまった。。。あと少しなのに一寸かわいそうだなと思った。

 

ライブはいつも時間ぴったりに始まることはないので(こういう物販行列の解消などを裏で見てくれているのかもしれませんが)私は行列に並び続けて開演時間の17時ころに丁度買い物することができました。パーカーとXLのTシャツが完売で他はあるというのでMサイズのチョコミントTシャツとタオルマフラーとタオルホルダーを購入。1stのCDアルバムも購入(クレジットカードが使えたのが大きい)して、Tシャツに着替えてからゆっくり戻ってもやっぱり始まっていなかったので、途中で抜けちゃった人達はやっぱりかわいそうだったなと思いました。

 

アニソンも見ていたアニメから微妙にずれていて知っている曲が全くなかったので

大体どれも同じに聞こえてしまったけど、パワフルなボーカルと今年既に20回目のライブステージということで度胸というか肝が据わった子だなぁと思いながら見ていました。

MCのイントネーションが一寸変だなと思ったら大阪出身で昨年上京したということも話していたので納得。

15歳からデビューして既に芸歴5年だしアニメロサマーライブにも立っている(後で聞いた話)ので大きい会場には慣れているし場慣れしてるなぁとも思った。

 

肝が据わっていると感じたのはバースデーライブのありがち?なサプライズ演出として

主演アニメの制作決定とかケーキが登場して会場全員でハッピーバースデーを歌うとかいう演出のどちらかで感極まって泣いたりするかな?と思いながら見ていたのですがどちらもそういうことはなく、ただ普通に「え~、ヤバい、すごい」と言って驚くだけだったのでまぁ今どきの子って感じ。

(最近の若い子がヤバいヤバいっていうのは再ブレイク中の出川哲郎氏の影響?)

 

アンコールで最後に歌ったのはアカペラ、最後のフレーズはマイクを口から離してオフマイク気味(腰辺りに持って、感度を上げてそこで拾ってる感じ)にして披露するというなかなかの演出、最後のフレーズをオフマイク気味にするのがその場のアドリブだったら20歳にして物凄い胆力だと思ったけどそんなことはないかな・・・

 

終了後は誘ってくれた方と共に駅反対側に出来ていた商業施設で適当に食事して帰宅