真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

読書感想文

・ヒーローインタビュー

坂井希久子

 

阪神球団の代打専門の仁藤全(にとうあきら)という架空人物について、周囲の人にインタビューする形式で語られる物語。

口語で関西弁が延々と書かれているので慣れるまでは読みにくかった。

 

仁藤以外の人物は多少文字を変更してはいるが、判りやすく実在のモデルとなった選手や監督がいて、ある年度のシーズンの後半戦の順位がほぼ再現されていたりするのでもしこの仁藤がいたらというたらればの架空戦記のような感じで読めるようになった。

 

最終戦での仁藤についてインタビューを受けた人がそれぞれの立場で語られ

それ以前のインタビューがあるのでそれぞれ感情移入が可能でなかなかの盛り上がりを感じることが出来た。

 

解説によると作者の方は女性で野球には全く詳しくないそうで、人間ドラマとして書こうとしたとのこと。

野球の描写はそれほどでもないが人間ドラマとして面白かった。