読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中のプロジェクト

国立研究開発法人ジプシーのぼんやりした日記

P4G

PSvitaを本体発売日にヨドバシで購入して以降、ソフトを買っていませんでした。
初ソフトはこれにしてみた。
2011年秋アニメとしてやっていたTVアニメ「ペルソナ4」が意外と面白かったので
もともとゲームのプロモーション?だったわけだし、買ってみようかな?と思っていたところ
Vitaでの発売が決定していたので待っていたのでした。


アニメの方は、2話構成のアルバイト編などは伏線がしっかり回収される凝った内容で見ていて楽しかったし
学生生活を謳歌しつつ事件に関わっていく主人公たちというのが良く描けていて好印象でした。


で、自身ペルソナシリーズ初プレイが本作。
これの派生元となる女神転生シリーズもほとんどプレイしたことがないです。
メガテンシリーズは初代、2代目あたりで仲魔を召喚したままダンジョン探索などを
しているとそれだけでコスト(マッカだっけ?)がかかるのが非常に面倒に感じてしまい
エンディングまでプレイすることもなく止めてしまいました。


他のシリーズは未体験なのでわかりませんが、4に関してはペルソナは出しっぱなしというか
よくあるRPGでの魔法のような扱いで煩わしさがありません。
お陰ですんなりプレイできています。
現在5月の中間テストが終わった辺りまでプレイ済み。
(巽完二救出編あたり)


そしてここまでプレイして思ったのはアニメ版の作りの丁寧さに改めて感心しました。
既に吹奏楽部の子と河原で練習したり、学童保育の悩める母親にあったり、狐が出てきたりと
イベントをクリアしているのですがそれが全てアニメ版でも登場しているというあたりに制作陣の愛を感じました。


久々に投げ出さないでエンディングまで遊べそうなRPGに出会いました。
仕事終わって帰ったらまた少しやろうっと。